食品工場の品質、衛生、生産効率向上を目的としたエンジニアリング及びプランニング

フードテクノエンジニアリング株式会社

採用情報

Message from 未来へのチカラ

チーム一丸、オフェンス型社風。 「人」の力こそが、エンジニアリングを進化させる。

仕事のスキルを磨く=人のスキルを磨くことでもある。

私の現在の仕事は、自社商品とお客様である食品メーカーの工場を中心とする品質管理、衛生指導のほか、講演を含む広報などです。大学で専攻した微生物の研究にも少し関連しています。この会社を選んだ理由は、衛生面からの品質保証と言う業務に自分の素地を活かせるということもありましたが、大きな決め手は「人」と「職場の雰囲気」でした。入社前、会社訪問時にまず感じたことはみなさんの挨拶が気持ちよく、いろんな人の私への気遣いがとにかく自然であったこと。別の会社でも内定をもらっていましたが、この会社の「人」に魅かれて選びました。「ここで働きたい」と率直にそう思ったのです。入社して4年目になりますが、4年前と同じくやはりこの会社の「人」には魅かれていますし、その当時の気持ちは今も変わりません。

 

 

商品に品質があるように、「人」にも品質はあります。

当社の強みは、食品工場の設備設計・施工・メンテナンスに関して、企業規模的に見ると珍しくすべて自社で一貫して完結できること。そしてその強みの根幹は、チームワークの良さにあります。私が一年目の頃に大きな失敗をした際、異なる部署それぞれのエキスパートである先輩方が一つの現場に代わるがわる駆けつけ、みなさんのチームワークで助けてもらったことがあります。誰かのトラブルも、他人事ではなく我が事のように思ってくれる。この会社の「人」の力を強く感じた瞬間でした。機械をつくるのも人、工事をするのも人、人のためにこの会社がある。つまり、エンジニアリングの品質は「人」の品質だと思います。私たちは日本一のエンジニアリング会社を目指しています。それは、お客様の数だけ役に立てる「人」が日本一在籍する、常に「人」が輝く会社であるということです。ぜひここで、感じていただきたいですね。

 

『「ミスはかまわない。チャレンジを忘れなければ」。社長の口癖です。「人」を磨き高めながら、スキルを磨き高める。そんな方ならこの会社は最適です。』


wakuta_main

涌田 恭兵

エンジニアリング事業部 品質保証部 〈2011年入社/化学生命工学部 生命生物工学科卒〉