食品工場の品質、衛生、生産効率向上を目的としたエンジニアリング及びプランニング

フードテクノエンジニアリング株式会社

テストルーム

食材に風を直接衝突させることにより冷却効果を
飛躍的にアップさせました。
最大氷結晶生成帯を素早く通過することで、
さらなる高品質を実現します。

インピンジメントフリーザーの特徴

インピンジメント〈衝突噴流)による冷却
商品に風を直接衝突させることにより冷却効果を飛躍的に向上させました。
最大氷結晶生成帯を素早く通過することで、更なる高品質を実現します。

高い衛生環境を実現
・CIP洗浄を組み込む事により、高い衛生度を保持します。
・床タンク構造を採用
   ①洗浄後は一括排水でき、床のドライ化を実現
   ②床パネルの破損がなくなり、破損部に生えやすいカビ等の懸念がなくなります。

ランニングコスト軽減 メンテナンスが容易
スチールベルトフリーザーに比べファン動力が小さくてすみ、ブライン等使用していないので
メンテナンスが容易です。

インピンジメント部(タンク型タイプ)

内部イメージ